新着情報

渋谷区立鍋島松濤公園

松濤案内 / 2014年5月23日

<鍋島松濤公園> 渋谷区松濤二丁目10番7号 <管理者>渋谷区公園課鍋島松濤公園

鍋島松濤公園は、旧佐賀藩主の鍋島侯爵家が、茶園「松濤園」の敷地内にあった湧水池の一角を、大正13年(1924年)に児童公園として一般に公開したものであり、昭和7年(1932年)10月に、この公園を東京市に寄贈。昭和25年10月に渋谷区に移管されています。  

鍋島家と銘茶の名を残した「鍋島松濤公園」は、敷地面積 5,012㎡ と広大で、染井吉野や枝垂桜、椿、楓などの樹木が多く、様々な野鳥や昆虫などが生息しています。最も特徴的なのは、水車のある大きな池であり、錦鯉が優雅に泳ぎ、亀が甲羅干しをしている姿が見られます。

平日の昼間は、幼児を遊具や砂場で遊ばせに来くる母親と、仕事に疲れたサラリーマンの憩いの場として、 土日祝祭日は、遠方から、木々や池・水車小屋のスケッチを楽しむ人々で静かに賑わっています。

なお、松濤町会では、毎年9月の第三土曜日、日曜日の二日間、渋谷総鎮守である金王八幡宮の祭礼の神酒所を、松濤公園内に設置しています。公園内には、町会役員による模擬店を開設し、町内の子供たちで大変な賑わいになります。また、両日とも、ここの公園から子供神輿(参加者150名前後)による町内巡業を行っています。

・ワニガメ騒動   平成23年10月にここの池でワニガメが他の亀を食べている旨、警察に通報がありました。渋谷署員13名が駆けつけ、ワニガメの捕獲の様子がテレビ中継されました。現在のところ、ワニガメの心配はないはずです。

時計台とトイレ

鍋島松濤公園は、JR渋谷駅から徒歩12分の立地にある都会のオアシスです。

渋谷粘土層上にある「宙水」から湧き出でる泉による大きな湧水池があり、鯉や亀がたくさん泳いでいます。

池を取り囲むように、桜や楓などの樹木が茂るこの公園には、現在でも多くの野鳥や昆虫が生息し、野鳥がさえずる声を聴くことが出来ます。

かつて、この庭園を所有していた紀州徳川家(江戸時代)や旧佐賀藩主の鍋島家(明治時代)の人々が見ていた同じ景色を、今でも垣間見ることができる歴史のある静かな公園です。

 

湧水池

 

かめカメ

 

DSC_1661
林道   遊泳禁止   出口   裏門






松濤町会 広報部
松濤町会 広報部
松濤町会会員の皆様にて、このサイトに掲載したい情報等がございましたら広報部までお気軽にお知らせください。 なお、町会員である個人、企業、店舗などの広告・リンクについても、お気軽にご相談下さい。




Previous Post

松濤美術館

Next Post

観世能楽堂





1 Comment

松濤町会 広報部
on 2014年6月2日

鍋島松濤公園の池の水は、現在、調査のため「池の水を半分抜き、水車を止めています」

渋谷区 緑と水・公園課



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


More Story

松濤美術館

<開館時間> 企画展  午前10時~午後6時 ※企画展期間中の毎週金曜日は午後7時まで ※ただし、入館は閉館の30分前まで 公募展/小中学生絵画展 ...

2014年5月23日